スポーツレガシー事業への寄付を呼びかける「チャリティ・アンバサダー」として、
以下の4名が年間を通して積極的に活動を行っています。

元マラソン女子日本代表 大島 めぐみ元マラソン女子日本代表

コメント

スポーツのあり方、スポーツにできること、スポーツの持つ力を今まで以上に信じて前に進むこと。東京マラソンだからこそ繋がる輪を、スポーツレガシー事業を通して多くの方々とこの輪を沢山繋げていけるように活動をしていきたいと思います。

SNS

ものまねアスリート芸人 M 高史 ものまねアスリート芸人

コメント

ものまねアスリート芸人・M高史です!スポーツレガシー事業のチャリティ・アンバサダーを務めさせていただいております!ランニングやスポーツを通じて、1人でも多くの方が心身ともに健康で元気で笑顔になられることを願っています!スポーツというレガシーをタスキリレーのように人から人へ、そして未来へつなげていきたいです!

タレント・ランナー 中村 優 タレント・ランナー

コメント

様々な大会が中止になり、ランナーとして、ボランティアとして、沿道の応援として参加予定だった方たちは、悔しい思いをされたかもしれません。こんな時だからこそ、走ることが自分らしく元気でいられる秘訣だと実感しています。スポーツがどんな時でも力になってくれること! これからも伝えていきたいと思っています。

SNS

音楽プロデューサー 鹿野 淳 音楽プロデューサー

コメント

走ることは独りだけど繋がろうとすること。自分らしくあるために、さあ共に! ロックを中心に、音楽ジャーナリズムを30年間、追求し続けています。大型フェスを20年間プロデュースし続け、新しい音楽の現場作りに日々励んでいます。生きることは走ること、走ることは自分を示すこと、自分を示すことはロックすること。全力で生きるための活動をしています。2021年の東京マラソンは今までなかった全く新しい挑戦、2年越しの夢と希望の結晶です。人間あっての地球だからこそ、あるべき人間の力を発揮して成功に導きましょう!

SNS

リンク

アンバサダー活動の様子